News

ベトナム:アップル、iPhone生産拠点をベトナムへ移管か、ベトナムの工場を調査

2020-09-01

 

アップル社がiPhoneの生産拠点をベトナムへ移管する事を検討している。

すでにアップル社はベトナム・バクザン省にあるiPhone組立委託先候補であるLuxshare社の工場を視察し、生産拠点の移管を検討している。

Luxshareの外交担当マネージャーであるTang Due Bang氏によると、iPhone生産に十分な設備環境があるかどうかなどを確認するために、アップルの担当者らがLuxshare社を訪問しているという。地元のメディアに、Van Trung工業団地の工場が適切なサイズであり、必要な施設があり、組み立てを始めるための投資資本があることを確認するために調査されたことを明らかにした。

「アップルは現在、iPhone生産拠点移管に向け、Luxshare社のバクザン省の工場でiPhoneの製造状況を常に調査している。アップルは、ここで私たちの高速エンタープライズが構築されている速度に感銘を受けている。同時に、実践的な調査を通して、アップルはバクザン省とその勤勉な労働者の可能性を評価している。」と同氏は語った。

Tang Due Bang氏はバクザン省の敷地面積30ヘクタールを持つAirPods生産工場について、アップルの生産拡大の要求を受け、建設期間をたったの5ヶ月で完成させたと述べた。

Luxshare社のバクザン省の工場建設には2億7000万ドルが投じられたとも言われており、現在約2万8000人の従業員が働いている。iPhoneの製造が承認されれば、今後5〜6万人の従業員まで成長する可能性がある。

しかし、施設の一部はまだAppleの要件、特に寮に関連する要件を満たしていない。 Luxshare社がどのような要件を満たしていないのかは不明だが、それはAppleの承認を得るのを妨げている主な原因のようである。

Apple Insiderによると、Luxshare社がiPhoneの生産に使用したいのはベトナムだけではないという。7月に同社はWistronから中国のiPhone工場を約4億7,200万ドルで購入した。

 

参考記事: https://vietnaminsider.vn/apple-waiting-for-improved-workers-living-conditions-before-moving-iphone-production-to-vietnam/

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top