日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

インフレ率は2月に4.16%に達する
2018-04-11

Myan_0409

2018年4月6日付のイレブン新聞によると、2月下旬の平均インフレ率は4.16%となり、中央統計局(CSO)によると、ラカイン、マンダレー、カッチンでは最も高いインフレ率が報告されている。

2月のインフレ率は、1月の4.40%に対して、わずかに下落した。

ラカインはインフレ率が8.46%、マンダレーは6.85%、カチンは5.88%だった。

2月末まで、マンダレーは前年比11.33%という最も高いインフレ率を記録し、それに対してチンは1.29%という最も低いインフレ率を記録した。

2012年11月、CSOは全国の82の町で32669世帯の調査を実施した。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top