日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア:カンボジアと日本の友情を祝う
2018-07-19

カンボジアと日本は、言語、伝統、宗教、意見の橋渡しを65年間行い続け、緊密な関係を築いてきた。この数十年間に及ぶ友好関係を祝うため、日本大使館、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)と日本国際交流基金アジアセンター(JFAC)がCJCCで2018年七夕祭りを開催した。この祭りは今も続いている。

今週初めの記者会見で、日本大使館の田辺香織一等書記官は、「この祭りは、7月7日に天野川の両側から1年に1回しか出会うができない夫婦 – 織姫と彦星 – という日本の七夕の物語に基づいています。」と述べた。

JFACの濱田裕紀理事長は、参加者は公演やコンサートを楽しむことができ、Pro Musica Nipponia主催のワークショップからも学ぶことができると強調した。

七夕祭りは、単にカンボジアと日本の友情関係65周年を祝うだけではなく、日本とクメールの文化、伝統、習慣のショーケースともなっている。

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top