カンボジア:カンボジア王国への日本の投資に太陽が昇り続ける

最近の報告によると、カンボジア日本人商工会(JBAC)に登録された日本企業の数は過去7年間で3倍近くになった。

アジア諸国の企業は、2011年に製造業のいくつかが大規模な投資プロジェクトでカンボジア市場に参入し始めた。その年、JBACは100社のメンバーを数えた。

6月に発表された2017年の年末報告書には、254社のメンバーがおり、商工業やサービス業を通じて投資が広がっていることが明らかになった。

JBACは、カンボジア政府が特に開発の重要な推進要因として外国直接投資(FDI)を好んで見ているため、カンボジア王国における日本の投資は引き続き増加すると予想している。

JBACの報告書によると、カンボジアへの日本企業と投資に大きな期待が寄せられている。

スポットライトがPoipetに変わる

投資の増加に加えて、カンボジアに住む日本人の数も大幅に増加している。2014年は同国に2,000人いたが、その数字は2016年の時点で50%増の3,000人に達した。

カンボジア開発評議会(CDC)の調査によると、カンボジアへの日本の投資は過去25年間で16億6000万ドルに達した。その金額のうちのほとんどは2010年以降から発生したものである。

カンボジア国家最高経済評議会のメイ・カリヤン上級顧問は、月曜日、カンボジアへの日本の投資の流入はプラスの成長となると述べたが、政策立案者と関連当局は日本のメーカー誘致を優先すべきである。

カンボジア語翻訳者:ホーン