News

カンボジア:プノンペンに新たなショッピングモールを建設

2020-09-16

 

プノンペンに建設予定のショッピングモールが一般公開されるという。

B2Bパークは人気の高まりと共に成長し、複数のショッピングモールがSen Sok地区に建設される予定である。

B2BパークのCEO兼社長であるThourn Sinan氏は、これは地元の投資家によって資金提供された新しい形の開発プロジェクトであると語った。

「我々の開発は、新しいコンセプト、魅力的なデザイン、機能性を組み合わせている。B2Bパークは、高まっている同地域のショッピングモール需要に応えるでしょう」と同氏は語った。

B2Bパークには、レストラン、バー、カフェ、店舗、ショールーム、オフィススペース、会議室が設けられる。1階には、世界で最も有名なブランドの電子製品を取り扱う「デジタルパーク」を設けるという。

不動産会社CBRE CambodiaのアソシエイトディレクターであるThida Ann氏は、選定立地を高く評価し、Sen Sokは中流階級に非常に人気のある新興地区であると語った。

「B2Bパークは、他のいくつかのショッピングモールの近くに位置する。B2Bは競合が存在することを理解しており、他との差別化を意識して努めていると思う。中流階級をターゲットにすれば、成功するだろう」とThida Ann氏は語った。

Sinan氏は、競合となる周辺にあるモールに比べ、手頃な価格の代替製品を提供すると述べた。

「B2Bパークは、イオンII、グローバルハウス、マクロなどの有名なモールの近くに構える。しかし、我々は競争するつもりはない。補完と考えている。各モールは互いに補完し合う必要がある」と同氏は述べた。

「私たちのモールは、低所得者から高所得者まで幅広い消費者を対象としているため、わずか2.5ドルで食事を楽しむことができる」と同氏は付け加えた。

Sinan氏によると、B2Bパークは毎月地域の出展者を集めた展示会や見本市を開催するという。「また、輸入業者と輸出業者が割引価格で製品を販売できる週間イベントも開催する」と同氏は付け加えた。

 

参考記事: https://www.khmertimeskh.com/642824/sen-sok-to-welcome-new-shopping-mall/

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top