日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア:マイクロレンダーはカンボジアで最初の社債を通して2900万ドルを調達
2018-12-13

プノンペンに本拠を置くマイクロファイナンス機関であるHattha Kaksekarは、木曜日にカンボジアで初めて社債を上場したが、現地企業がこのオプションを利用して資金を調達し、最終的には小規模な証券市場を刺激することを期待している。

カンボジアで3番目に大きいマイクロファイナンス機関であるHattha Kaksekarは、融資残高により1200億リエル(2980万ドル)を調達した。収入は、農家や小規模企業の所有者に対する融資に使用される。

貸し手は、三菱UFJフィナンシャル・グループの一部であり、日本のMUFG銀行のタイ部門であるAyudhya銀行の完全子会社である。

カンボジア証券取引所に上場している3年間の債券は、世界銀行グループの一員である国際金融公社だけでなく、地元の金融機関からバイヤーを引き付けた。

これまで、カンボジアの企業は、中央銀行が推薦したように、1年以上の間、現地通貨で資金を調達する方法がなかった、と日本のSBIホールディングスの現地証券会社であるSBIロイヤル証券は述べた。カンボジアの企業は今まで伝統的に銀行融資を通して資金を調達してきた。

カンボジアの証券取引所には、6年間にわたるビジネスを行ってきた、カンボジア南部のSihanoukville Autonomous Portを含んだ国際港を運営する公共事業体を含めた、わずか5つの企業しか上場していない。取引所における流動性が低いため、企業の株式や債券の上場を控えている。

銀行が都市部に焦点を当てる状態の中、Hattha Kaksekarのようなマイクロレンダーは本質的に農村の農民のための銀行の役割を果たし、多くの村で支店を開設し、預金を集めている。

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top