カンボジア:日本は保健施設に資金を提供

20日、日本政府は病気の子供たちへの支援を目的として、州保健局とアンコール小児病院に資金援助をすることに合意した。

今回合意した援助総額は265,348ドルで、ウドンメンチェイ州とモンドルキリ州にある病院や地方保健局の代表者達と堀之内秀久駐カンボジア特命全権大使が署名した。

シェムリアップ州にある病院には、小児集中治療室に医療機器を設置するため86,945ドルが援助される予定だ。援助金は換気装置2台、心臓モニターと血液ガス分析機器の購入に充てられる。

ウドンメンチェイ州保健局にはTrapaing Prasat保健センターに10部屋増築することを目的として89,278ドルが援助される予定だ。

モンドルキリ州保健局には、Memang保健センター新病棟のため89,125ドルが援助される予定だ。新しい病棟は、地元住民約6,300人に妊産婦医療を提供することを目的としている。

堀之内大使は、今回のプロジェクトによってカンボジアの医療部門がより良くなることを願っていると述べた。

「日本政府は、カンボジアの子供たちを助け、ウドンメンチェイ州とモンドルキリ州の保健局の建物を改善することを目的として今回のプロジェクトを承認した」と同氏は語った。

アンコール小児病院長であるNgoun Chanpheaktra氏は、約900人の子供たちが助成金の恩恵を受けられると述べた。

「助成金により医療機器の設置が可能になるので、病院の収容能力維持の点で、改善されることが期待されている」と同氏は述べた。

ウドンメンチェイ州保健局部長のKhlok Huot氏は、Trapaing Prasat保健センターが修理を必要としていることを語った。

「助成金はこの地域のおよそ1万9900人に恩恵をもたらすと期待されている」とKhlok氏は述べた。

 

日本はカンボジア保健省にとって最大のパートナーとなっている。

1991年以来、日本政府はカンボジア全土の地方自治体とNGOに対し、保健プロジェクトを実施するため6000万ドル以上を提供してきた。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Back to top