カンボジア:日本はNGOを援助

日本政府は、カンボジアにある2つのNGOに対して、プロジェクトを遂行し、食や栄養のために692,522ドルを資金援助した。

日本のNGOプロジェクトに対する無償資金協力の枠組みの中で、12月27日木曜日に合意が行われ、調印された。ハートオブゴールドと国際協力援助事業(FIDR)の2つのNGOに対して行われた。

日本大使館が述べているように、ハートオブゴールドは国立体育スポーツ協会を支援するために396,033ドルを受け取った。これによりカリキュラムを改善し、教師を訓練し、そして体育を行うための設備を拡張することを助けることができる。約65人のスタッフと200人の研修生教師がよりよい環境を得られ、80万人におよぶカンボジアの学生がより良い体育を受けることができる。

2番目のプロジェクト(FIDR)はKampong Chhnangにあり、296,489ドルが割り当てられている。Rolea Pheir、Tuek Phos、Boriboの各地区で、稲作農場の生産性と多様性を高め、子供の栄養状態を改善し、農民のネットワークと農業協同組合を促進することを目的としている。

さらに、対象地域の約25万人がこれらの補助金を通して十分に栄養価の高い食料を得ることができるようになる。

堀之内秀久在カンボジア駐日大使は、この援助を受けることに喜びを表明した。「カンボジアでの教員養成プロジェクトが成長し、体育プロジェクトが盛んになることを願っている。私は、2番目のプロジェクトによって地域の人々の生活が改善し、彼らに十分な食糧と健康が提供できることを期待しています」と語った。

手塚浩二氏(ハートオブゴールド)と南由美子氏(FIDR)は、組織が効率的にプロジェクトを運営することを約束し、日本の税金が有効に使われると述べた。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Back to top