News

カンボジア:日本企業がカンボジア米の供給業者を募集

2018-10-31

カンボジアコメ協会(CRF)の関係者は、カンボジア米の需要が高まっていることを受けて、日本の企業は日本に出荷しようとしている香り米のカンボジア米供給業者を探していると語った。

CRF事務総長Moul Sarith氏は、カンボジア産の香り米を提供している業者とのパートナーを探しに、田中食品工業の代表者が近づいてきたとクメール・タイムズに語った。地元のブランドが今年の世界最優秀ライス賞を受賞して以来、カンボジア産の香り米に対する海外の評判は上がり続けている。

Sarith氏は、日本企業がカンボジア王国の米供給業者を探すのは初めてであり、タイから年間100トンの米を輸入していると述べた。

「ジャポニカ米は日本市場で最も需要の多い品種であり続けているが、その需要の30%を占める香り豊かな米の割合も重要である。カンボジア王国の農民たちは現在、中国、韓国、日本の市場へ供給するためにジャポニカを植え始めているが、これは小規模で行われている。

同社は、輸入にどれだけ関心があるかを教えてくれない。これまでのところ、彼らは私たちがやっていることである現地サプライヤーとの会合を手配してほしいだけである。」と付け加えた。

日本政府は、米の輸入をわずか4,000トンに制限する米の割当量を定めている。

「日本が米の割当量を増やせば、カンボジア政府やCRFは日本と交渉して米の出荷量を増やす。日本からの需要が増えれば、ジャポニカの品種を増やすことができる」と同氏は語った。

Sarith氏によると、カンボジアの高級香り米マリス・アンコールは世界最優秀ライス賞を受賞後、カンボジアの米は海外の消費者に人気を集めている。カンボジアのブランドは4度目の賞を受賞した。

式典はベトナムのハノイで10月10日〜12日に世界ライス会議が開催された。

カンボジアのブランドは、2012年、2013年、2014年、2018年の4回にわたりコンテストで最優秀賞を受賞した。

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top