カンボジア:首相はカンボジアに対する日本の投資拡大を希望

フンセン首相は10月9日、東京の日本・メコン地域諸国首脳会議で、日本企業にカンボジア訪問を呼びかけ、投資先としてふさわしい国であることを説得した。
カンボジアの政策と潜在的可能性について、日本の将来の投資家に語り、カンボジア王国は、政治の安定と国家安全のために経済拡大の面で開放されていると語った。
首相は、カンボジア政府がすべての外国人投資家、特に日本からの投資家を歓迎すると述べた。
「カンボジアを訪れていない日本人投資家にカンボジアへ訪問することをお勧めします。可能性とチャンスを逃さないでください。うまくいけばそこで投資し、日本政府が提供しているサポートを活用してください。」と同氏は語った。
カンボジア政府は、効果的で透明性の高い、説明もある、予測可能な法的・制度の枠組みのもと、平和、安全保障、政治的、マクロ経済的な面の安定性を備えた魅力的な投資環境を確保するというコミットメントを再確認した。

カンボジア語翻訳者:ホーン