News

カンボジア:商業大臣、日本の投資促進に目を向ける

2020-06-17

 

カンボジア商業省は日本の支援を受け、カンボジア国内の中小企業によって製造された製品を日本製品の高品質に近づけたい考えを示した。
カンボジアのPan Sorasak商業大臣はジェトロの宮尾正浩代表と会談した。会談の中で、同大臣は日本にカンボジア国内の地方製品の品質を向上させ、将来的には日本へ輸出できるように手助けをしてほしいと要請した。

カンボジア王国は日本の投資家と国内中小企業との提携を必要としている。そして、国内製品の品質が向上し、イオンモールや海外での販売ができることを望んでいる。「商業省は引き続き日本の投資家の活動を促進するために働きかけを行うつもりだ」と商業大臣は述べた。
同大臣の声明に対し、ジェトロの宮尾正浩代表はカンボジア国内にある中小企業への日本企業による投資促進の約束を表明した。
ジェトロの報告によると、2018年第1四半期におけるカンボジアから日本への輸出額は3億9千万ドルに上った。前年の同期間と比較すると15%輸出額は増加している。一方、日本からの輸入額は1.7%減少し、8千700万ドルだった。カンボジアは日本との貿易で赤字となっている。
カンボジア開発評議会の報告によると、2017年、カンボジア国内で計130の銀行、農業、サービス業、インフラ整備に対して日本は投資をおこなっている。投資額は合計16億ドルとなっているという。

参考記事:https://www.khmertimeskh.com/508186/commerce-minister-turns-to-japan-to-improve-local-products/

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top