News

カンボジア:カンボジアの大手オンラインスーパー、コンタクトレス・デリバリー・サービスを開始

2020-05-13

 

今週、カンボジアの大手オンラインスーパー「Delishop.Asia」がコンタクトレスデリバリーとオンライン決済のオプションの開始を発表した。

新型コロナウイルスの感染リスクを抑え、顧客に商品を提供できることを目的に開発されたサービスだという。

Delishop.AsiaのJonathan Meuretゼネラルマネージャーは、現在の社会状況のためこのようなシステムは必要になると述べた。

新しいシステムでは、スタッフは社会的距離を保つこと、デリバリー前に消毒液を使用すること、定期的に検温を行うことが義務付けられている。また、Delishop.Asiaの倉庫に加え、配送に使用されるすべての在庫の箱を定期的に洗浄および消毒する必要がある。

「注文が入ると、商品の衛生状況を保ちながら梱包し、配達員が依頼主の指定した住所まで配達する。

配達員は依頼主に到着したことを通知し、依頼主が指定する場所に商品を置き、その後配達員は依頼主が商品を受け取るまで数メートル離れた場所で待機する。」と同社はシステムでの配送処理方法を説明した。

支払いは、注文時にオンラインで可能だが、現金での支払いも可能である。WingやABAでのQRコード決済も利用可能だという。

Delishop.Asiaは、キャッシュレス決済を推奨しているため、キャッシュレス決済で支払いをすると割引やキャッシュバックなどの特典がある。

Delishop.Asiaは、40を超えるパートナーとプノンペン全体に配送できる9,000の商品のカタログでオンラインスーパーセクターをリードしている。昨年、Delishop.Asiaは、カンボジアでのオンラインショッピングの拡大とさらなる変革に役立つ可能性のある、Obor Capitalと合意を結んだ。

 

参考記事:https://www.khmertimeskh.com/50721143/cambodias-largest-online-supermarket-launches-contactless-delivery-service/

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top