日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア: カンボジア王国、日本各都市からプノンペン、シェムリアップへの直行便の増加を要請
2019-12-18

カンボジアは日本に対して、二国間の協力強化と観光客数増加のために、日本各都市からプノンペン、シェムリアップへの直行便を増加させるよう要請した。

イオンモール・センソック・シティで開催された第3回日本観光展のオープニングセレモニーで、Thong Khon観光大臣は日本の各都市からプノンペンと日本人観光客からの関心が高いアンコールワットのあるシェムリアップへの直行便を増加させる意向を示した。

Thong Khon観光大臣は、カンボジアの観光業において日本は依然として主要なマーケットであり、カンボジアへの外国人観光客で最も多いのは中国人だが、日本人も7番目に多いと語った。

「過去3年間、全日空(ANA)の東京・プノンペン間の直行便はうまくいっている。日本人とカンボジア人観光客により良いサービスとよりシンプルな選択肢を提供し、両国間の関係強化に貢献してきた。」とThong Khon観光大臣は語った。

また、二国間の直行便を増加させることは第三国からの観光客の増加にも繋がると同氏は付け加えた。

カンボジア政府のオープンスカイ政策の実施と到着時のビザ、Eビザ、マルチプルビザなど、特に日本人向けの多くの旅行施設が、カンボジアの、特に日本人観光客の継続的な増加の成長につながったとThong Khon観光大臣は語った。

太平洋アジア観光協会のThourn Sinan会長はプノンペンポスト紙の取材に対して、新規直行便の就航は両国間の観光客を引き付け、第三国からの観光客を連れてくるので、観光業にとってはプラスに働くと話した。

 

参考記事: https://www.phnompenhpost.com/national/kingdom-calls-japan-increase-number-direct-flights-siem-reap-phnom-penh

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top