カンボジア: カンポット水処理施設、まもなく稼働へ

 

日本政府による2600万ドルの支援で3年前に着工したカンポット州の水処理施設の稼働準備が整った。

日本政府から国際協力機構(JICA)の支援を通して、全長88.9kmにも及ぶパイプ建設などカンポットにおける水処理施設の拡張が行われた。

カンポット・ウオーター・ワークス(KWW)の責任者であるTy Kean氏は、2016年に開始した同プロジェクトが昨年8月に竣工を発表し、4月2日から始動すると語った。

「今回の建設された水処理施設は1日あたり7500㎥の水を供給することができ、貯水施設は1日あたり8250㎥まで貯水が可能だ。また88.9kmにも及ぶパイプの拡張も行なった」とTy Kean氏は述べた。

同氏は、KWWはカンポット州に住む人々へ水を供給することを目標にしていると述べた。

「カンポット水処理施設付近には1万3000人以上が住んでいる。今回のプロジェクト完了後、8814世帯(約67%)に対して水を供給することができる予定である。KWW周辺に住む93%の人々に水を供給できることを望んでいる」と同氏は述べた。

「現在、2000世帯以上が水の購入手続きを行っている。カンポットの5つの地区とToek Chhouの6つの地域にサービスを提供している」と同氏は付け加えた。

Ty Kean氏によると、KWWの建設前にカンポットは水不足を経験したと述べた。

今回の拡張した施設と既存の施設を合わせると、1日あたり最大1万3000㎥の水を貯水することができる。水の一日あたりの需要量は7500㎥になると同氏は述べた。

KWWによると、同水処理施設は日本の技術を使用し、Toek Chhou川からの水の供給及び測定を行っている。

Ty Kean氏によると、住民が水を供給してもらうためには約13ドルの手付金と約100ドルを支払う必要がある。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Back to top