日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア: キリロム、カンボジアの魅力的なリゾート地
2019-10-09

キリロム国立公園(正式名称:プリア・スラマリット・コサマック・キリロム国立公園)は海抜約700メートルの山にある自然に囲まれたリゾート地である。

キリロム国立公園はプノンペンから南西117キロの場所にあるコンポンスプー州プノンスルオチ郡キリロム地区に位置している。

コンポンスプー州観光局のSao Saran局長は観光地としての可能性を秘めているキリロム国立公園の情報を共有し、キリロム国立公園はチョンボックの滝とO’ Som Chatリゾート地、宗教施設、日本人投資のリゾート地から成る4つのエリアになっていると語った。

日本人の投資するリゾート地については、特に乾季は重要な観光地になると付け加えた。避暑地として、全ての観光客にとって魅力的な観光地となっている。

コンポンスプー州はカンボジアにある25州のうちの1つである。コンポンスプー州は観光でも人気の場所だが、今後はキリロム国立公園が観光客誘致の重要な役割を担うことになる。

コンポンスプー州観光局の統計によると、2019年1月〜9月の観光客数は昨年同時期の22万5736人から16.2%増加し、26万2366人にのぼったという。

そのうちカンボジア人観光客が前年比16.7%増の25万86人で、外国人観光客が前年比6.9%増の1万2280人であった。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top