カンボジア: フランス政府、地元の民間航空産業に支援を提供

 

フランス政府は、カンボジア航空産業を立て直し、カンボジアに来る旅行者の安全を確保にするために、カンボジア民間航空局(SSCA)に対して技術および物資の支援を提供している。

今週初め、Mao Havanall民間航空大臣はEva Nguyen Binh氏と支援について会談を行い、SSCAとフランス民間航空局は関係を強化すると語った。

会議には、フランス大使館経済カウンセラーPhilippe Baudry氏に加え、その他のSSCA職員も参加した。

SSCAのFacebookページの投稿によると、この支援には民間航空教育の改善、民間航空訓練学校と航空機の修理および保守施設の設立が含まれると書かれている。

民間航空訓練学校はフライトディスパッチャーや航空管制官、航空専門技術者を育成するために使用される見込みである。2017年に韓国が設立した民間航空訓練センター(CATC)を補完したものである。

設備と技術者不足のため、カンボジアを拠点とする航空機の修理は、他国で行われることが多いため、航空機の修理施設は航空業界で歓迎されるだろう。

米国、韓国、中国は、これまでカンボジア民間航空産業への支援を拡大してきた。
SSCA広報担当Sinn Chanserey Vutha氏は、クメールタイムズ紙に対するフランスの申請を確認した。

「支援は安全とセキュリティの2分野で行われる」と同氏は強調した。

同氏は、年末から来年の初めにかけてフランスによる現状調査の結果が明らかにされると述べた。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン