日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア: マレーシアのエアアジア、カンボジアに進出か
2019-12-04

マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジアはカンボジアの航空・旅行業界の潜在性を考え、同国現地企業との連携でカンボジアに進出することを検討している。

今週、日経アジアンレビューの中でカンボジアはエアアジアがアジアで進出を計画している3ヵ国の1つだと報じた。残る2ヵ国はミャンマーと中国だという。

エアアジア・グループの創業者兼CEOのTony Fernandes氏は、日経アジアンレビューに対してベトナムの関連会社を設立するのに相次いで失敗したため、この地域内における他の国への進出を検討していると語った。

エアアジアはベトナムのパートナーとの提携で同国への進出に強い意欲を3回示したが、様々な理由で交渉がうまくいかず、計画の断念に追い込まれていた。

ベトナムへの進出が失敗に終わった主な理由として、Tony Fernandes氏は適切な現地パートナーを見つけることができなかったこと、多くの航空会社が存在することを挙げた。

2019年4月に航空会社の完全子会社であるエアアジアリミテッドが、現地パートナーのGumin Company、Hai Au Aviation Joint Stock Companyとの合弁会社設立の契約を解消することを発表した。

すでに、エアアジアはカンボジアへ就航しているが、インドネシアやタイなどの東南アジア諸国とは異なり、カンボジア国内に現地法人を設立していない状態である。

観光地としてのカンボジアの評判が高まっているため、多くの外国の航空会社が1600万人いるこの国への進出を検討している。

カンボジア国内には全部で49社の航空会社が就航している。そのうちのほとんどは外資系航空会社だが、最近では中国の援助で設立された国内航空会社が成長を見せている。

 

参考記事: www.khmertimeskh.com/50663646/malaysias-airasia-looks-to-expand-into-the-kingdom/

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top