日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア: ローズウッドシェムリアップ、2022年にオープン
2019-10-02

カンボジアの観光の中心地であるシェムリアップに世界で最も有名なホテルブランドの1つであるローズウッドが建設される予定である。

The Bangkok Post紙は、ローズウッドホテルグループが2023年までに東南アジアにおいて4つのホテルをオープンさせる予定で、そのうちの1つはシェムリアップであると報告した。

また、2019年にはミャンマーにローズウッドヤンゴン、2021年にはベトナムにローズウッドホイアン、2022年にはローズウッドシェムリアップ、2023年にはフィリピンにローズウッドハーマナ・メイヤーがオープンする予定だという。

「米国とは異なり、ここではあまり知られていないため、ここ2年間はアジアに注目している。」とローズウッドホテルグループのCEOであるSonia Cheng氏はThe Bangkok Post紙に語った。

ローズウッドシェムリアップは、シェムリアップ州の高級ホテルの一翼を担う。シェムリアップ州には、パーク・ハイアット・シエムリアップ、ラッフルズ グランド ホテル ダンコール、ジャヤ・ハウス・リバー・パーク、アナンタラ アンコール リゾート & スパ、シンタマニ アンコール、Avani社が管理するFCCアンコールが存在している。

カンボジアホテル協会のChenda Clais会長は、Khmer Times紙に対して、ローズウッドの計画はカンボジアにとって朗報だと語った。

「現在カンボジアは国際的な高級ブランドを引き付けるのに十分なレベルに達していることを意味している。サービスレベルを大幅に向上させながら、多くの雇用を創出する事にも繋がる」と同会長は強調した。

同会長は、すでにカンボジアで最も人気のある観光地であるシェムリアップの認知度をさらに高めていきたいと付け加えた。「間違いなく、シェムリアップは国際的な観光地としての人気を得ることができる様になる」と語った。

計画によると、ローズウッドシェムリアップはシェムリアップ市の中心部に位置し、世界的に有名なアンコールワットから約6キロメートルの場所に位置する予定だという。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top