カンボジア: 中国企業2社、発電事業で協定を締結

 

11日、カンボジアの国営であるカンボジア電力公社(EdC)は、2社の中国企業と共同で3億8000万ドルの石油・液化天然ガス発電所を建設することに合意した。

400MW発電所の調印式が、EdC社、CGGC-Un Power社およびChina National Heavy Machinery Corporation社によって開催された。

EDCは、工場がKandal州Lvea Em地区のKoh Reahコミューンに建設され、10ヶ月で完成する予定であると述べた。

設計・調達・建設(EPC)に基づく契約は2つに分けられている。

CGGC-Un Power社は、200MWのフィンランドWartsila発電所を建設し、China National Heavy Machinery Corporation社が、Volkswagen AGの子会社であるドイツのMAN Energy Solutions社からライセンスを受けた機械を設置する。

プロジェクト全体の費用は3億8000万ドルで、そのうち3億ドルが政府、残りはEDCから出資される。

約3億5500万ドルが工場の建設に充てられ、そして2500万ドルが他のインフラに使われる予定である。

カンボジア電力庁(EAC)は、プノンペンは来年から電力不足に悩まされることはないと語った。

調印式に出席したEDCのKeo Rattanak事務局長は、発電所の建設は電力不足に対処するための一環として行われたと述べた。

EDCは来年末までに全国の発電量を1000MW増加させることを目指している。

Keo Rattanak氏は、「次の乾季の電力供給状況は今年よりも良くなる」と述べた。

同氏は、「火力発電所や太陽光発電の使用、ラオスなどの国から低コストで購入するなど、さまざまな方法で電力を見つけようと努力している」と述べた。

「発電所は重質油か液化天然ガスのどちらかを使用する」と付け加えた。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン