カンボジア: 新しい高速道路の実現可能性調査が完了

約38億ドルの費用をかけ、ベトナムとのつながりにおいて重要な役割を果たすPhnom Penh-Bavet高速道路建設の実現可能性調査が完了した。

この調査は、日本国際協力機構(JICA)が実施したもので、このプロジェクトはベトナム側のMoc Bai国境ゲートからホーチミン市までの高速道路につながる、Svay Rieng州BavetとPhnom Penhを結ぶ160キロメートルに及ぶ道路建設が含まれている。

プノンペン自治港のコンテナターミナルに関する第2段階の公式発表会において、公共事業運輸大臣のSun Chanthol氏は、カンボジア政府がJICAに実現可能性調査の実施を許可し、プロジェクトの費用は約38億ドルとなることを述べた。

Sun Chanthol大臣は、この金額はPhnom PenhとPreah Sihanouk州を結ぶ20億ドルの高速道路のコストよりも高いことに注目した。

「Phnom Penh-Bavet高速道路は、湖で氾濫する傾向がある80kmの区域を横断するため、より多くの費用がかかる。これとは対照的にPhnom PenhからPreah Sihanouktまでの190kmに及ぶ高速道路の建設も約20億ドルの費用がかかると見積もられているが、湖や洪水が発生しやすい地域に道路を建設する必要はない」と同氏は語った。

同氏は、建設コストが高いため、Phnom Penh-Bavet高速道路建設の可否を決定しておらず、建設、運営、移転(BOT)を基本とした民間部門による参加の入札を検討していると付け加えた。

Phnom Penh-Preah Sihanouk高速道路の建設は、すでに中国の国有企業である中国通信建設会社に委託しており、今月後半または来年初めから開始する予定である。

カンボジアの高速道路マスタープランによると、2020年までに850キロメートルの高速道路が必要であり、90億ドルのコストがかかる可能性がある。カンボジアが2040年までに2230kmの高速道路を建設するには、少なくとも260億ドルの投資資金が必要である。

カンボジア語翻訳者:ホーン

Back to top