カンボジア: 日本、プノンペンにバス80台を寄付

 

19日、プノンペンのKhuong Sreng知事はプノンペンのChroy Changva区にあるPrek Taroth村のバスターミナル完成に伴い、日本から80台の公共バスを受け取った。

Khuong Sreng知事はイベントでカンボジアの堀之内秀久駐在日本大使から市役所への援助交付金の一部として80台のバスを提供されたと語った。

同知事は「国民により良いサービスを提供するために、特に市内バスを通して公共交通機関のインフラをサポートする」と述べた。

同氏はプノンペン自治バス交通局に人員を適切に配置し、全てのバスとバスターミナルを運用するように伝えた。

19日、自治バス交通局のディレクターEan Sokhim氏は、同市は現在235台の公共バスと13の路線を運行していると語った。

同氏は「市民が日々の交通手段として市内バスを利用し始めた。1日のバスの利用者は26000人から30000人いる」と付け加えた。

同氏は、公共交通機関は市民にとって利便性の高い選択肢であり、特に手頃な価格で安全に公共交通サービスを提供することは貧困問題、市内の交通渋滞、事故や汚染を減らす事に役立つと述べた。

カンボジアの堀之内秀久駐在日本大使は、公共交通機関が市に利益をもたらし、交通渋滞を減らすためにバスを利用するよう市民に促したと述べた。.

バス運賃は、僧侶、高齢者、障害者、労働者、学生、身長1メートル未満の子供を除き、1人あたり1500リエルに設定されている。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン