カンボジア: 日本への輸出、16%増加

 

日本貿易振興機構(Jetro)の報告によると、今年第一四半期、カンボジアから日本への輸出額は前年比で約16%増加したという。

カンボジア・日本間の貿易は、1月から5月までで前年比16.5%増の5億5800万ドルに達した。

カンボジアは日本市場へ16%増の4億5400万ドル相当の製品を輸出し、日本からの輸入額は20%増の1億400万ドル相当に達した。

商業省のLong Kem Vichet報道担当官は、両国間の貿易が栄えることは良好な外交関係並びに輸出市場を多様化させるためにカンボジア政府が努力した結果であると述べた。

「カンボジアと日本は良好な関係を築いている。さらに、カンボジアの製品は世界で認知されつつある。この貿易額は、アジア市場における重要性の高まりや同地域におけるカンボジアの統合、および輸出を多様化するための政府の取り組みを示している。」と同氏は語った。

また、競争力を多様化し強化することは、政府の最優先事項であると述べた。

「日本は、特に軽工業や熟練労働者を必要とする産業に投資している。我々は、これらの傾向が今後も継続することを期待している。」と同氏は付け加えた。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン