カンボジア: 2019年に注目の人的資源

 

カンボジアはこれまで以上に海外の投資家から注目されることになるだろう。世界銀行によるGDP改定値によると、成長率は再び7%に達する。カンボジアは、2008年から2009年に起きた世界金融危機以来、急速に成長している。

実際、先月2つの異なる投資家向けの電子出版物は、お金を取り置くためにアジアで最も良い場所の1つとしてカンボジアを挙げた。どちらもこの地域には大きな可能性があると言っている。しかし、今年のカードには何が含まれているのだろうか?

人的資源への後押しがあるだろう。ここの企業はプロ意識の水準を高めている。成長している技術システムは業界でより大きな役割を果たすだろう。これらのシステムは効率と生産性を高めるであろう。

課題は、マンションや小売市場において過剰供給が発生する可能性である。しかし、手頃な価格のセグメントやコミュニティモールのセグメント両方がこれまで以上に可能性を示している。

カンボジア王国では、教育を推進することがもちろん最優先事項となっている。専門家らは、人的資源の強化を求めている。実際、年1回の調査では、回答者の40%近くが、より標準化されたエージェントライセンスとトレーニングを求めていた。

経済財政大学(UEF)の不動産プログラムは、基準を引き上げるために多くのことを行っている。

カンボジアにおける不動産部門の活動が活発化するにつれ、顧客はより専門的な姿勢を求めている。顧客はより良いサービスとより早い結果を期待している。実際、海外のバイヤーは、ベトナム、タイ、マレーシアなどの国と同等のサービスを期待している。

Realestate.com.khは、業界を新しいレベルに引き上げる新しいエンタープライズソリューションを市場にもたらした。RealestateCRMと呼ばれる顧客関係管理システムは、ローカルエージェント用のオールインワンツールであることを意図している。

技術システムに加えて、トレーニングへのコミットメントもあった。

Century 21 MekongのゼネラルマネジャーであるChrek Soknim氏は、先月カンボジア不動産協会(CVEA)の新しいヘッドとして任命された。発表式典で、彼は2年間の任期中に人的資源の強化が優先事項になるだろうと述べた。

「世界の経済成長は引き続き堅調であるため、アセアンの経済は成長するであろう。カンボジアについては、私は2019年の間の不動産市場についてはまだ楽観的である。市場は住宅、商業、および資産管理に関連するあらゆる側面で成長し続けるであろう」とSoknim氏は今週のインタビューの中でRealestate.com.khに語った。

中国は依然としてカンボジアの主要投資国となっており、次いで日本、ヨーロッパ諸国となっている。

 

カンボジア語翻訳者:ホーン

Back to top