日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア:DHLエクスプレスカンボジアは、プノンペン経済特別区において国で最初の電気自動車を展開
2018-07-04

世界有数の国際エクスプレスサービスプロバイダーであるDHLエクスプレス社は、地域内の荷物の受け取りと配達のために、プノンペン特別経済区に国で最初の電気自動車を配備した。

電気自動車(e-vehicle)は、プノンペン特別経済区内の道路輸送事業におけるファースト・アンド・ラスト・マイルサービスの汚染を減らす目的で配備され、DHLエクスプレスカンボジアは環境の持続可能性を追求したコミットメントを強調している。

「代替輸送の利用により、2050年までにすべての物流関連からの排出をゼロにするというグループ全体の目標において重要な役割を果たします。DHLエクスプレスカンボジアはこれを実現するために取り組んでいます。電気自動車を導入することは、自動車排出ガスを削減し、最終的に二酸化炭素排出量を削減するための一歩です。」とDHLエクスプレスカンボジアのカントリーマネージャーであるPrayag Chitrakar氏は述べた。

加えて、ドイツポストDHLグループの環境保護プログラムの一環として、DHLエクスプレスカンボジアは「環境への私の約束」をテーマに、2017年にプノンペン市の郊外に1,000本のアフリカマホガニーの木を植え、2015年に600本の熱帯樹木を植えたことで、より優しい環境へ貢献している。

カンボジア語翻訳者:ホーン

 

Top