日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

スリランカは米取引にサインする
2017-07-20

MM_myanpress_20170720_2ミャンマー米連邦準備委員会(MRF)によると、ミャンマーは今年の覚書の下、スリランカに50万トンの白米を輸出する計画である、と7月16日付のイレブン新聞は報じた。商務省によると、フィリピンの国家食品局は約5万トンの米を購入するという計画がある。商務省の補佐官であるキンマウンルイン様は、「フィリピンは最低価格を提案している。 価格が正当であれば、我々は入札で勝てるだろう。 ミャンマーの米連邦準備理事会(FRB)は、すでに米輸出業者と、入札条件や米の積み込みについて議論している」と話した。
MRFは低価格でマニラへ送った。 ミャンマーは10月と11月にフィリピンへ5万トンの米を輸出する予定である。現在、ミャンマーはアフリカ、ヨーロッパ、アセアンに米を輸出している。この会計年度の7月までセクターは5224億4000万トンの米を輸出し、1億6000万ドルを得た。 商務省によると、昨年の同じ時期にセクターは米を20万トン以上輸出し、7100万ドル以上を得た、と述べている。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top