ミャンマー:ゾーンBの第2段階Thilawa SEZプロジェクト進行中

MM_myanpress_20171018_210月10日付イレブン新聞によると、ティラワ特別経済区プロジェクトにおけるゾーンBの建設は来年8月に終了する予定である。ミャンマー・ジャパンThilawa Development Ltd.のミート・ザウ(ミィンゾー)役員、ゼネラルマネージャーは、ゾーンBのフェーズ2を開発する計画が進められていると述べた。投資家は今年末までにゾーンBの土地を賃貸することができようになると同氏は述べた。17カ国がゾーンBプロジェクトに投資し、日本は投資家リストの上位となった。 多くの国がSEZプロジェクトへの投資を提案している。
ティラーワーSEZ管理委員会のセットアウン議長は、「ティラーワーSEZプロジェクトは、ヤンゴンの南東約20キロに位置している。
アウンを設定するアコーディベース、 「これらはすべて、国際社会をつなぐ基本的なポイントである。 ティラーワーSEZプロジェクトは、アセアン諸国の他のSEZプロジェクトの中でも投資家にとって最も魅力的なプロジェクトである。 ミャンマーでは、ゾーンBプロジェクトの立ち上げで新しい章を開くことができる。」と述べた。

ミャンマー語翻訳者:ニン