News

ベトナム:ベトナムのFDI登録資本、202億米ドルを超える

2020-05-06

2018年と比較すると、2019年の最初の7か月におけるベトナムの海外直接投資(FDI)資本は12%減少した。

新規登録FDIおよび追加FDIは減少した一方、資本拠出と株式購入は約78%急増した。

計画投資省の外国投資庁によると、2019年の最初の7か月で、FDI登録総額は202億米ドルを超えたという。

このうち、新規登録プロジェクトが2064件あり、投資投資額は約83億ドルにのぼるという。また、791件のプロジェクトが追加投資を要求しており、追加投資総額は34.2億ドルにのぼる。

4387件のプロジェクトの資本拠出と株式購入は、85.2億ドル以上の規模となる。今年実行された海外直接投資(FDI)は105億ドルを超えた。

生産加工および製造業が海外直接投資(FDI)の大部分を占めており、それに続いて不動産や卸売業、自動車およびバイクの修理業、小売業が海外直接投資(FDI)を占めている。

注目すべきことに、最近ではベトナムとEUがEU・ベトナム自由貿易協定とEU・ベトナム投資保護協定(EVIPA)を正式に締結した。

特に、金融や電気通信、輸送、流通など一部専門サービスでは、EUへのベトナム自由貿易拡大に伴い、EUからベトナムへの海外直接投資流入額の増加が期待されている。

参考記事: https://sggpnews.org.vn/business/registered-fdi-capital-in-vietnam-exceeds-us202-billion-82871.html

ベトナム語翻訳者:キム

Top