News

ベトナム:ベトナムと日本は自然災害防止衛星を製造

2018-10-24

ベトナムと日本のエンジニアは数年後にベトナムの防災活動を支援できる衛星を製造中である。

ベトナム国家衛星センター(VNSC)が実施した自然災害・気候変動対策プロジェクトの一環として、LOTUSat-1を製造するための準備段階を日本で始めた、と日本国際協力機構(JICA)は木曜日に語った。

衛星は電波を使って地球を観測するセンサーを使用するため、光源とは独立して動作する。

つまり、24時間動かすことができる。これは、昼間のみ動く光センサーを使用する衛星と比べて明らかに優れている。

VNSCのVu Anh Tuan氏によると、LOTUSat-1の製造には36ヶ月かかるかもしれないが、考慮すべき要因が多いため、打ち上げスケジュールはまだ確定していない。しかし、この種の衛星を打ち上げるためには、通常6〜12ヶ月かかる。

同衛星が軌道に乗ると、ベトナム全体をカバーし、自然災害による被害を10%削減できると同氏は述べた。

ベトナムが特定の場所の画像を取得するのにかかる時間も少なくとも2日間から6〜12時間に短縮されるだろう、と彼は付け加えた。

ベトナムは2008年にVinasat 1、2012年にVinasat 2、2013年にVNRedSat 1を打ち上げた。最初の2つは電気通信衛星であり、3つ目は地球観測衛星である。すべてはフランス領ギアナのクールーにある欧州宇宙機関基地から打ち上げられた。

ベトナム航空宇宙協会は、ロシア、米国、クールー、インド、中国のいずれからも新しい衛星が打ち上げられることを1年前に発表した。

ベトナムのエンジニアによって製造された別の衛星(MicroDragon)は、今年末に打ち上げられる予定である。

ベトナム語翻訳者:キム

 

Top