日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム:ベトナム,日本の企業にとってより多くの機会を創出するCPTPP
2018-11-28

太平洋横断パートナーシップ(CPTPP)のための包括的かつ累進的な協定は、ベトナムと日本の双方に大きな利益をもたらすと、Tran Quoc Khanh商工副大臣は述べた。

Khanh氏は、11月22日の東京で開催されたセミナーで、CPTPPは、外国企業に閉鎖されていたベトナムの強力な政府調達市場に日本企業が参加することを可能にすると述べた。

加えて、銀行、保険、建設、物流、グラフィックデザインなど、日本の強いサービス産業も、ベトナム市場に参入する機会が増えるだろうと付け加えた。

副大臣は、CPTPPがCPTPP参加国の約4億9,000万人の市場をカバーし、10.1兆米ドルのGDP、世界のGDPの13.5%、1人当たり平均収入が1年に19,000米ドル以上であることを強調した。

同氏によると、この協定は、貿易サービスと商品の障壁を減らし、公正な競争力と投資と情報資産の保護を促進し、電子商取引の新しい原則を確立することによってアジア太平洋市場の統合を促進する。

Vu Hong Nam駐日ベトナム大使は、同協定がベトナムや日本などのメンバーに大きなチャンスを提供すると考えていると語った。

日本貿易振興機構(JETRO)の佐藤由利副理事長は、ベトナムの投資環境を改善し、行政手続きや関税を改革し、海外市場でのベトナム商品のプレゼンスを拡大するために生産を増強することで、ベトナムは貿易と投資を促進するという合意のメリットを活用すると信じている。

彼女によると、ベトナム・日本の貿易協定は、日本の工業製品のうちベトナムに輸出される製品の42%に対して課税を免除しているが、CPTPPはその割合を70.2%に引き上げる。

そのため、ベトナム市場への日本製品のアクセスを円滑にするという希望を表明した。

また、投資保護と知的財産に関する最強の約束を果たし、日本企業がベトナムへの技術輸出を強化するよう促している、と彼女は述べた。

オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの11カ国が2018年3月8日にチリのサンティアゴでCPTPPに署名した。

11月12日にベトナムが手続きを完了し、11カ国のうち7カ国が協定を批准した。以前はニュージーランド、カナダ、日本、メキシコ、シンガポール、オーストラリアがこの協定を批准した。

ベトナム語翻訳者:キム

Top