News

ベトナム:ベトナム、2020年以降出生の全国民に新しい12桁ID番号を付与

2020-04-29

 

ベトナムでは行政手続きを簡素化するために市民の情報をデジタル化する取り組みの一環としてベトナムの新生児に個人ID番号を提供する。

この新しい個人ID番号は、子供の成長に合わせてすべての管理手順において使用され、取得できる十分な年齢に達するとIDカードの番号になるという。

公安省によると、これまでに63の都市と州のうち56の都市と州で260万人の新生児にこれらのID番号が付与されているという。

残りの7州では、全国のデータベースにデータインフラストラクチャがまだ接続されていないが、来年までに完了するとベトナムの全国人口データベースを管理するセンター長であるHoang Loi氏は述べた。

国民人口データベースは、すべての市民に関する基本情報を保存・管理する。2020年までに完了すると、司法省と公安省は、すべての新生児に対して出生証明書にID番号を確実に付与できるようになる。

2016年以降、IDカードには12桁のID番号が付与されている。以前は9桁のID番号だった。新しい番号には個人情報が含まれており、国のデータベースに接続可能だが、古い番号では接続できない。IDカードは、14歳になると発行される。

ベトナムは人口9500万人で、国民に関する全国データベースを徐々に完成させている。

データをデジタル化するプロジェクトは、2016年〜2020年の間に完了する中期タスクのリストに含まれている。今年4月までに86%が完了見込みである。

新しいID番号のおかげで、多くの管理者の業務がより簡単で便利になり、時間とコストを節約できる。

推定1300種類の管理タスクのコピーを繰り返し作成する必要がなくなり、年間約1.6兆ドン(6,900万ドル)を節約できる。

 

参考記事: https://e.vnexpress.net/news/news/all-vietnamese-to-get-new-12-digit-id-number-at-birth-from-2020-3988359.html

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top