ベトナム:ホーチミン市と日本の山梨県の協力強化

8月29日午後、ホーチミン市共産党委員会のグエン・ティエン・ニャン書記はベトナム訪問中の山梨県知事である後藤斎氏を歓迎した。

グエン・ティエン・ニャン氏は、山梨県代表団を歓迎し、ベトナムと日本、特にホーチミン市と日本の関係は、貿易と投資の分野において特に強く発展していると強調した。日本の都市や多くの地方では、代表団の交流、協力活動の促進、スマートな都市建設、都市管理、農業など多くの分野での経験の交換が強化されている。

グエン・ティエン・ニャン氏は、バイオテクノロジー研究、種子生産研究、研修生や看護師の研修や交換等の分野において、山梨県との協力を強化したいと述べた。

ホーチミン市の力強い発展に感銘を受け、後藤斎氏は将来都市が発展していく可能性を信じている。同時に、同氏は、HCM市の指導者が、お互いに開発を支援する相互利益の分野において、将来2つの地域間の協力においてもっと注意を払いたいという希望を表明した。

ベトナム語翻訳者:キム