News

ベトナム:日本の大学とベトナムの大学は気候変動の戦いにおいて協力する

2018-09-27

日越大学と茨城大学は、気候変動に関する共同修士号を提供するためのMOUに調印した。

今月初めにハノイを訪問した茨城大学の三村信男教授によると、ベトナムは気候変動、特に温室効果の悪化を扱っている国の一つである。

2つの大学は、気候問題を解決し、関連する仕事を得るために学生を訓練するという目的で、ベトナムの気候変動・開発プログラムの修士課程を提供する予定である。

日越大学学長の厚田基金氏は、両大学の協力が学生のための機会を生み出し、両国の教育が発展し促進することを期待した。

三村教授と茨城大学の代表者は、プログラム初のバッチのオリエンテーションの日に、気候変動との戦いに関連する様々なアイデアを学生と話し合った。

「茨城大学は、日本の気候変動に関する専門家を招き、日越大学で教えてもらう。

私たちはまた、私たちの教授方法を取り入れ、学生に研究と技術へのアクセスを提供する。」と三村教授は語った。

茨城大学は、気候変動の研究と訓練、そして東南アジアなどの気候変動適応のための措置を講じてきた歴史が長い。2006年に地球変動適応科学研究機関を設立した。

三村教授は気候変動への対応は不可欠であると述べた。気候変動の予測と先読みが可能な資格を持つ専門家を集め、タイムリーな措置を講じることが必要である。したがって、専門家や研究者を訓練することが不可欠である。

新しいマスタープログラムは、特にグローバルな問題に取り組む日本とベトナムの間の最初のプログラムである。

ベトナム語翻訳者:キム

Top