日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム:日本はベトナムの地方開発プロジェクトに助成金を交付
2018-12-13

在ベトナム日本国大使館特命全権大使の梅田邦夫氏は、日本政府からベトナムへの草の根レベルの開発プロジェクトに対して合計120万ドルの助成金交付を発表した。

これらは、1992年に開始された日本の草の根無償資金協力プログラムの一環であり、ベトナムでは630の草の根プロジェクトを支援しており、政府開発援助(ODA)の総額は5,300万ドルとなっている。

最新のプロジェクトには、Thai Nguyen、Nam Dinh、Nghe An州における3つの小学校向けの新しいクラスが含まれている。各コミューンは最大80,000〜85,000米ドルの支援を受ける予定である。

Quang Tri州総合病院の小児科とHoa Binh北部のBinh Chauコミューンヘルスケアセンターは、それぞれ83,000米ドルと87,000米ドルの援助を受けて施設を改善する予定である。

エージェントオレンジ・ダイオキシン被害者を支援するDa Nangセンターは、被害者を運ぶための新しいバスを購入するために約57,000米ドルの援助を受ける。

また、Quang Ngai中部のSon Mauコミューンには、コミューン内の2つの村落を結ぶ700mの道路をアップグレードするために、76,000米ドルの助成金が提供される予定である。

また、ベトナムの鉱山諮問グループ(MAG)はQuang Binh中央地方で約625,000米ドルの財政援助により地雷除去作業を行う予定である。

MAGは、英国に本拠を置く非政府組織であり、地雷、不発弾、小型武器や軽武器により被害を受けた人々を支援している。

ベトナム語翻訳者:キム

Top