日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム:経済学において高品質な人材の育成と発展に協力
2017-09-13

0913_vietsun9月8日付のベトナム教育・訓練省機関紙(電子版)によると、ベトナムの5つの大学とドン ア大学(ダナン)は、7日午後に世界最大の店舗数を誇るコンビニエンスチェーンストアのセブン-イレブンジャパングループと高品質な人材の育成と発展に関して全面的に協力する、という覚書を東京(日本)において締結した。今回の取り組みはベトナムの学生にキャリア開発の機会を提供し、ベトナムと日本とのパートナー関係を発展させ、ベトナムでの大学教育の発展を促進させる。
学生は日本でスタンダードとなっているCVSのビジネスモデルで働く機会をもてる。そのほか、学生は小売分野においてスタートアップの様々な可能性に取り組む機会をもてる。ドン ア大学の学生は、2017年から50~100人の規模で毎年日本の小規模店舗チェーンで実習の機会をもてる。この協力協定はベトナムの学生に実際的な益をもたらすだろう。学生たちは知識欲を持ち、早く仕事に慣れ、スタートアップしたいという精神で、今年から19,423の店舗でインターンシップ生として働くことになる。実習終了後、自分の故郷でスタートアップのプロジェクトオーナーになる予定である。

ベトナム語翻訳者:フイェン

Top