News

ベトナム:ベトナム航空、カンボジアアンコール航空の株式を売却

2020-04-22

 

ベトナムの国営の航空会社(ベトナム航空)はカンボジア・アンコール航空の株式を売却し、保有している航空機5機の販売契約も締結した。

今回の情報はベトナム航空が4月10日に発表した監査済み2019年度連結財務諸表で明らかにされた。連結財務諸表では新型コロナウイルスによる同社への影響が記されていた。

2020年始め、ベトナムのフック首相はカンボジア・アンコール航空への投資を再構築する計画を承認しており、ベトナム航空はそれに従い今回の売却を実施していると報告書に書かれていた。

カンボジア・アンコール航空にはベトナム航空が49%、カンボジア政府が51%出資していた。

ベトナム航空はまた、同社が保有しているA321型機を5機売却することも決定した。売却金額は約3700万ドルで、売却相手は公表されていない。同社によると、売却する航空機の引き渡しは今年6月までに完了する見込みだという。

世界中で経済に影響を与えている新型コロナウイルスのパンデミックで、ベトナム政府が大規模な入国制限やベトナム国内での社会的距離を取る措置を講じているため、ベトナム航空の主要な収益にも大きな影響が出ているという。

「結果として、ベトナム航空が事業を継続して運航するには政府からの支援やローンの返済の延期、銀行からの貸付に頼らざるを得ない」と発表された連結財務諸表に書かれている。

ベトナム政府直属の大手国営企業における国の資金を管理する機関「企業における国家資本管理委員会(CMSC)が先週発表した報告書によると、ベトナム航空は現在、週に数便の国内線しか運航しておらず、国内の国営企業19社の中で最も深刻な影響を受けたという。

ベトナム航空が保有している航空機106機のうち、運航されているのは6機のみで、従業員の半数が休職状態にある。

 

参考記事:https://e.vnexpress.net/news/business/companies/vietnam-airlines-divests-stake-in-cambodia-angkor-air-4083417.html

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top