News

ベトナム:ホーチミン、観光ブームでホテル供給が不足

2020-08-19

 

ホーチミン市内のホテル需要が急速に拡大しており、投資家らはホテル建設プロジェクトへの投資を呼びかけられている。しかし、現在ホーチミンではホテル建設用地を見つけることが困難な状況にあるという。

2018年の第一四半期の統計によると、ほぼすべてのホテルの稼働率が85%を超えており、売上が好調であった。

ホテルの中には1泊分の宿泊代を数ドル引き上げたところもあるという。特にホーチミン市1区の5つ星ホテルでは繁忙期の宿泊代を1泊120ドルから180ドルに引き上げた。

専門家によると、ホーチミン市では観光客が増加する一方、ホテルの供給が追い付いていないのが現状だという。投資家にとって、ホテル業界への投資は絶好のビジネスチャンスになっているともいえる。

サイゴンツーリストの最高経営責任者であるTrang Hung氏は「ここ数年、ホーチミン市内のホテルの業績は非常に好調だ。今後もホテルの供給不足の時代が続く間は売上げが継続して増加するだろう」と述べた。

ホーチミン市には20の5つ星ホテルがあり、部屋数の合計は6257部屋である。さらに4つ星ホテルの合計は26棟、3500部屋であり、3つ星ホテルは80棟、5980部屋だという。

需要過多を受けて、ホテルの建設プロジェクトを進める投資家が増加している。投資家の中には高級ホテルの建設、ショッピングセンターやコンドテルと関連させたホテルの建設を計画している投資家もいる。

ホーチミン市観光局長のBui Ta Hoang氏によると、3~5つ星ホテルが5000棟にまで増加する見込みだが、依然としてホテルの数は足りていない。供給不足を解消するには更なるホテルの建設が必要だという。

ベトナムを訪れる観光客のおよそ50%はホーチミン市を訪れており、現在ホーチミン市はベトナムの観光業界をけん引する都市となっている。観光客数は2倍に膨れ上がっているものの、ホーチミン市ではホテルの供給数が需要に追いついていない。

ベトナム語翻訳者:キム

参考記事:https://english.vietnamnet.vn/fms/business/203895/hcmc-lacks-enough-hotels-to-accommodate-tourism-boom.html

Top