News

ベトナム: ベトナムの自動車販売、韓国車が日本車を上回る

2020-03-11

 

ベトナム国内での自動車売り上げランキングのトップ10に、韓国ブランド6社がランクインし、韓国車がライバルである日本車を超えてトップに躍り出た。

ベトナム自動車工業会(VAMA)がまとめた1月のトップセラー車のランキングで、韓国のヒュンダイ自動車が製造する小型車Accentが1733台を販売し、2014年以来売り上げ1位だった日本のトヨタViosの1598台を越えた。

この2つのモデルは、Bセグメント(小型ファミリーカー)の直接の競争相手であり、これはAccentの売上高において初めてのことである。

ヒュンダイのGrand i10モデルは1,586台で3位であった。昨年はAセグメント(軽自動車)モデルが最も人気があり、このセグメントの売上の45%以上を占めていた。

業界関係者によると、韓国の自動車は未だブランド認知度が低く、品質と信頼性の点で日本の自動車ほど有名ではないという。

しかしながら、韓国メーカーは車のデザインと機能を絶えず更新しており、価格設定の柔軟性が高いため、顧客を引き付けることができると言われる。

VAMAによると、ベトナムの1月の自動車販売台数は合計1万5787台で、前月から52%、前年同時期比で53%減少したという。

各企業は、1月23日から29日までの旧正月(Tet)の連休が売上の減少をもたらしたと考えている。

旧正月は通常、自動車市場にとって閑散期であり、人々は旧正月の約1か月前に車を購入する傾向があり、その後売上が減少する。

 

参考記事: https://e.vnexpress.net/news/business/data-speaks/south-korean-cars-dethrone-japanese-as-vietnam-s-most-popular-4056162.html

ベトナム語翻訳者:キム

Top