News

ベトナム:ベトナムのIT企業、日本市場への参入方法を模索

2020-06-24

Quang Trung Software City、VNITO Alliance、福岡市、日本貿易振興機構(JETRO)は福岡市への貿易を促進するための会議を開催した。

この会議では、福岡市の投資環境とベトナムと日本の情報技術(IT)会社の設立方法を紹介した。

福岡市の代表者は、一連の投資の利点や外資系企業による詳細な投資手順、日本支店の代表になる人向けの日本の商用ビザ取得方法に関して述べた。これらの情報はベトナム企業にとってとても有益だという。

福岡市は東京に比べてオフィス賃貸料など、間接費の安さ(東京のオフィス賃貸料の60%にすぎない)、自然災害の心配が少ないこと、人的資源の豊富さ、ベトナム人を含めた留学生の多さが特徴で、多くの投資を集めている。

福岡市からの関係者はまた、日本への進出に興味を示すベトナム系IT企業と30回以上開催された商談会にも参加した。事業拡大を狙うソフトウェア開発、ウェブサイト制作、アプリ制作、ITサービス、グラフィックデザイン、ソフトウェアテスト、ソフトウェアシステム、情報セキュリティの国内企業にとって、今回の商談は重要な機会となった。

 

参考記事: https://sggpnews.org.vn/science_technology/vietnamese-it-businesses-seek-ways-to-enter-japanese-market-80993.html

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top