日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム :ベトナムはASEAN加盟国および日本との戦略的パートナーシップを新しい段階に切り開くために全力を尽くす
2018-06-21

2018年06月18日付の 新聞(電子版)による報道、ベトナムは2018年8月から2021年8月までのASEAN・日本対話関係の調整国になる。Nguyen Quoc Dung副大臣はベトナムが日本とASEAN加盟国と緊密に連携して、ASEAN・日本との戦略的なパートナーシップを新しい段階に切り開くために全力を尽くすことを明らかにした。

6月13日に第33回日・ASEANフォーラムが日本の東京で開催された。 これは、日本とASEANの関係について年1回官級で意見交換が行われる枠組みである。

日本はASEANが日本の重要なパートナーとなっていると述べ、地域構築における中心的な役割を担い、ASEANの共同体コミュニティの構築、関係の強化及び発展差の縮小に向けて協力、支援する。

具体的には、将来日本は貿易、投資、事業開発等の分野において、ASEANとの協力を強化する。

双方はまた、創造開発、電子商取引、デジタル経済、スマート都市など、現在の4.0産業革命における技術革新の成果を活用するため、協力を拡大することに合意した。

日本とASEANとの外交45周年を記念して、両国は2018年11月に行われる日本・ASEAN対話関係の45周年記念のサミット開催の成功に協力し、日本・ ASEANの友好協力に関するビジョン公表実施の改定計画を効果的に展開するための資源を集める。

Nguyen Quoc Dung副大臣はベトナムが日本と他のASEAN加盟国と緊密に協力して、ASEANと日本の戦略的なパートナーシップを新たな段階に押し上げることを確認した。

ベトナム語翻訳者:キム

Top