日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム: ベトナム航空、プーケット・バリに直行便を就航
2019-09-25

10月27日、ベトナム航空はホーチミン-タイ・プーケットとホーチミン-インドネシア・バリを結ぶ新たな直行便の就航を開始する予定である。

旅行先で東南アジアリゾートを選ぶ人が増加しているのを受け、ベトナム航空は将来的には週7便でホーチミン-バリ島の運航を行うことを計画している。

東南アジアのビーチリゾートへ旅行する旅行客増加の需要に応えて、ベトナム航空は最終的に週7便でホーチミン-バリ島の運航を行うことを計画している。

ホーチミンからバリへの飛行時間は片道4時間程度である。

しかし、10月27日から来年3月下旬までの初期段階では、バリのデンパサール空港の運航上の制限により、ベトナム航空は週5便の運航を行う予定である。

バリへの直行便就航は2012年に運航が開始されたホーチミン-ジャカルタ線に続いて2路線目になる。

タイ・プーケットへの路線はタイへの3路線目となり、週に3便の頻度で運航し、片道約2時間となる。

ベトナム航空のLe Hong Ha副社長は、新しい航路の開設でヨーロッパや日本、韓国など世界中の地域からの旅行者が、ベトナムを経由してバリとプーケットに行くことができると語った。

地球上の楽園と言われているバリ島は、神の島とも呼ばれ、美しいビーチをはじめ活気に満ちたナイトスポットやヒンズー教の文化を肌で感じることができるため、ベトナムなど東南アジア諸国の中で休暇中の旅行先として人気を集めている。

世界的に有名な旅行サイトのトリップアドバイザーが2017年に発表したトラベラーズチョイスアワードでは、バリが世界の人気旅行地に選出されている。タイのプーケットも東南アジアで有名なビーチリゾートの1つである。

ASEAN諸国の国民は、ビザを申請せずに観光を目的に最大30日間プーケットのあるタイに滞在できるという。

Mastercardによると、ベトナムはミャンマーに次いでアジア太平洋地域で2番目にアウトバウンド市場が成長している国で、2016年から2021年までの年間成長率は9.5%と予測されている。

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top