日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム: ベトナム航空、今週から機内Wi-Fiサービスを開始
2019-10-16

ベトナム航空は10月10日から、ハノイおよびホーチミン、中国、日本、シンガポール行きの一部の便で機内Wi-Fiサービスを開始する。

利用料金は使用時間と容量によって異なるが、75,000~735,000ドン(2.9ドル~29ドル)で利用可能である。

機内Wi-Fiサービスの取り組みはベトナム航空が2020年までにデジタル航空となり、将来的には航空会社格付けである最高ランク5つ星の獲得を目指すという戦略の一環である。

7日、ベトナム航空は国内線ではホーチミン-ハノイ線、国際線ではハノイ-上海線、ハノイ-大阪線、ホーチミン-大阪線、ホーチミン-シンガポール線で機内Wi-Fiサービスの提供を開始すると発表した。

今後数か月間でWi-Fiサービスを提供する機体を拡大し、A350型機とB787型機で機内Wi-Fiサービスを提供する予定であるという。

ベトナム航空のLe Hong Ha副社長は、機内Wi-FiサービスではViber、iMessage、Messenger、WhatsappなどのSNSを利用することができると語った。

また、Le Hong Ha副社長は「これは、シンガポール航空、カタール航空、キャセイパシフィック航空、ルフトハンザなど多くの5つ星航空会社が同様のサービスを提供している、世界の航空業界の発展動向に追いつくため、ベトナム航空の取り組みの一環である」と語った。

現在、ベトナム航空は国際線60路線と国内線33路線を運航している。

 

参考記事: e.vnexpress.net/news/business/companies/vietnam-airlines-to-launch-inflight-wi-fi-service-this-week-3993121

ベトナム語翻訳者:キム

Top