日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム: ベトナム航空、新しい支払い方法を開始
2019-09-11

乗客は、9月2日からチケットを購入するときに、ベトナム航空のフライトに対して現金とロータスマイルを組み合わせて支払うことができる。

ベトナム初の試みである今回の現金マイル併用支払いの開始は、ウェブサイトか店頭で購入したロータスマイル会員に向けたものである。今後モバイルアプリでも同様の支払い方法にも可能にする方針だという。

1人あたり1フライトにつき2000マイルからの利用が可能で、搭乗者はマイルを使用して一部または全額(税金、手数料、追加費用は除く)支払うことが可能になる。

必要マイル数は、購入時間、出発日、渡航先、予約クラスなどによって異なる。

また、ロータスマイル会員は予約コードを共有し、同伴者のチケットもマイルと現金で購入することができ、購入時に座席指定と受託手荷物の購入も可能である。

ベトナム航空はロータスマイル開始20周年を記念し、2019年9月中または2019年内の毎月20日に新規会員登録をした人を対象にボーナスマイル2000マイルを贈呈している。

現金マイル併用支払いは、エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)、ルフトハンザ航空(ドイツ)、タイ国際航空(タイ)、エバー航空(台湾)などの世界の主要航空会社が実施している。

現金とマイル併用の支払いで、乗客が負担する価格を下げ、4つ星サービスを体験することができるとベトナム航空は声明を発表した。

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top