日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム :日本のイオンスーパーマーケットシステムによる2018年ベトナム・ハノイの商品週間
2018-06-14

2018年06月09日付の新聞(電子版)による報道 ハノイの商品週間が日本埼玉県のイオンレイクタウントレードセンターにて行われた。

ハノイ市人民委員会の副委員長Nguyen The Hung氏はハノイ市の代表者団体を率いて、本イベントに出席した。本活動は日越外交関係樹立45周年(1973年~2018年)の記念行事の一つである。

ベトナム・ハノイ2018年の商品週間の歓迎挨拶として、ハノイ市人民委員会の副委員長Nguyen The Hung氏は日本がベトナムにとって最大の外国投資国(91億ドルの投資額)であり、2017年は334億ドル以上の貿易額を有する主要貿易相手国となったと強調した。

ハノイ市にとって日本は登録資本金の総額が約58億ドル相当、900件以上のプロジェクトを持つ最大の投資パートナーでもある。

在日本のベトナム大使館は、2017年におけるベトナムから日本への輸出は主に繊維と衣類を中心としており、この商品グループの輸出金額は31億千万ドル、7.3%の増加となり、ベトナムから日本への輸出総額の18.4%を占め、水産物は13億ドルで18.6%増加、木材の商品は10億2千万ドルで、4.4%増加した、と述べた。

2018年は最初の4か月間で輸出金額が57億5千万ドルに達し、前年と比べて14.5%増加した。

計画によると、本イベントは6月7日~10日までイオンシステム40か所の拠点において行われる。この間、ベトナムの企業とイオンの輸入業者との取引の活動、ベトナムの伝統的なステージ、ベトナムの食事に関する紹介等のプログラムがある。

ベトナム語翻訳者:キム

Top