日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム: 日本のグループはドラッグストアの出店に向けてベトナム企業と合弁設立
2019-11-27

ベトナムでドラッグストアを運営するため、来年2月に株式会社マツモトキヨシはLotus Foodグループと合弁会社を設立する。

設立される合弁会社マツモトキヨシベトナムJSCは「マツキヨ」ブランドでベトナムにドラッグストア(医薬品、化粧品、トイレタリー)のチェーンをオープンする。

ベトナム通信社によると、日本のドラッグストア大手の出店時期や場所はまだ未定だという。

株式会社マツモトキヨシの声明によると、新しい合弁会社の資本金は315億ドン(136万ドル)で、マツモトキヨシが51%、Lotus Foodグループが48.87%、Lotus Food会社のLe Van May社長が0.13%を保有するという。

株式会社マツモトキヨシによると、11月後半に締結される予定の合弁会社に関する合弁契約では、Lotus Food社のLe Van May社長がマツモトキヨシベトナムの社長に就任し、CEOの役割は東京に拠点を置く株式会社マツモトキヨシから派遣される形になるという。

双方は7月に基本的な合意を締結した。

株式会社マツモトキヨシは近年、海外展開を推し進めている。6月末時点でタイに33店舗、台湾に3店舗構えており、香港への出店も計画している。

7月、株式会社マツモトキヨシの広報担当は「ベトナムは新興国市場なので、新しい店を出店するには多くの土地がある」と日経アジアンレビュー紙に語った。

アメリカの医療情報・テクノロジーサービス企業であるIMS Health社によると、ベトナムは世界の医薬品産業の支柱となる可能性のある17カ国の医薬品新興国市場の1つだという。今後5年間で毎年10%の成長を維持すると予想されている。

医薬品産業は2015年から2018年にかけて年間16%ずつ成長している。現在の売り上げは100億ドルを超える。

 

参考記事: e.vnexpress.net/news/business/companies/japanese-group-joins-local-partner-to-open-drugstores-in-vietnam-4012442

ベトナム語翻訳者:キム

Top