日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ベトナム: 観光客は6月から北朝鮮への直行便が利用可能となる
2019-04-10

 

ベトナムの旅行代理店と北朝鮮のカウンターパートはチャーター便を利用したベトナム発・北朝鮮行きのツアーを計画している。

3月28日、Hanoitouristと朝鮮国際旅行社(KITC)は3月27日〜30日にかけて開催されたVietnam International Tourism Martの北朝鮮ブースにおいて、覚書の署名を交わした。

Hanoitouristの担当者であるLe Hong Thai氏は、Hanoitouristと朝鮮国際旅行社がチャーター便を利用した北朝鮮ツアーを共同で促進していくと述べた。

現在、ベトナムから北朝鮮へは、ベトナムから約3時間かけて中国・北京へ到着し、乗り継ぎ便で北京から約1時間かけて平壌に到着するルートしかないが、直行便が就航すればベトナムと北朝鮮は4時間で結ばれる予定である。

Thai氏は「乗り継ぎは乗客にとって不便です。チャーター便を就航させれば便利になるため旅行客も増加するでしょう。最初のチャーター便は7月に運航予定です。5日間のツアー代金は現在と同等の価格帯か3000万ドン(1,300ドル)以下になり、移動時間は短縮されるでしょう」と語った。

北朝鮮へのツアーは今年のVietnam International Tourism Martで、Hanoitouristが新たに発表した3つのツアーのうちの1つである。

旅行会社のHanoiRedtoursも北朝鮮ツアーに力を入れており、割引を適用しているため来場者から人気を集めた。現在、Air Chinaを利用した乗継便での5日間の北朝鮮ツアーは40%割引の2690万ドン(1,160ドル)となっている。

HanoiRedtours責任者のNguyen Cong Hoan氏は、今回の価格は、世界で最も不思議な国といわれている北朝鮮へ旅行に行く機会を増やす目的で朝鮮国際旅行社を含めた3者間で協議したと語った。

北朝鮮では個人が国内を旅行することは認められておらず、団体のツアーのみ旅行することが認められている。

HanoiRedtourやSaigontouristをはじめとする多くの旅行会社によると、2018年2月にハノイで行われたトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による2回目の首脳会談後、北朝鮮行きのツアーの予約が急増したという。

 

ベトナム語翻訳者:キム

Top