News

ベトナム:2010年から2019年における裕福な国・地域ランキング、世界2位

2020-05-27

 

アメリカの調査会社、ウェルス – X(Wealth-X)が公表した報告書によると、2010年〜2019年においてランキングした裕福な国・地域上位10ヵ国のうち、ベトナムはバングラディシュに次いで2番目にランクインしたという。

このランキングでは、過去10年間で増加した世界中の富裕層について調査し、今後数年間で将来の成長の手助けとなる方向性を予測している。

報告書によると、ベトナムとバングラディシュ両国は、若い世代により拡大している労働力、各地域における製造業のサプライチェーンの深い結びつきによって力強い経済成長を遂げたという。

また、ランキングによると、過去10年間で急成長している国上位10ヵ国のうち、6つはアジア諸国であり、バングラデシュ 、ベトナム、中国、フィリピン、タイ、パキスタンが含まれている。

世界の富裕層の人口は過去10年間で50%以上も増加したという。

世界における成人人口のほんの一部しか含まない一方、裕福な個人(純資産が100万ドル以上の個人)は、昨年世界の民間資産においてほぼ3分の1を占めた。

さらに報告書によると、今後10年間の予測として、若手起業家や女性の富裕層の割合が増加し、テクノロジーや非営利活動の分野が大きな進歩を遂げているという。

 

参考記事: https://sggpnews.org.vn/business/registered-fdi-capital-in-vietnam-exceeds-us202-billion-82871.html

ベトナム語翻訳者:キム

Top