日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:マンダレーにオープンするヒルトン
2017-08-30

MM_myanpress_201708308月19日付のイレブン新聞によると、エデングループはシンガポールに拠点を置くケッペルランド所有のマンダレー・セドナ・ホテルを買収し、ヒルトンマンデライとして再オープンする予定である。ミャンマー最大の複合企業の1つであるエデンは、ホテルを4100万ドルで買収し、ヒルトンにそれを管理するよう依頼する予定である。
ケッペルは、1997年に宮殿とマンダレー・ヒルに面するセドナ・ホテル・マンダレーをオープンした。また、グループは1993年にセドナヤンゴンをオープンした。エデングループは、ヤンゴン、ネーピードー、バガン、インレー湖、ラカイン タンヂュエーホテルを所有しており、ヒルトンの管理下でネーピードーとタンヂュエーのホテルを運営している。
ヒルトン・ワールドワイドは、9月1日にヒルトン・マンダレーとしてオープンする予定である。78番と83番街のリンクホテルの後、マンダレーのエデンが所有する3番目のホテルとなる。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top