News

ミャンマー、新型コロナウイルスの感染者の急増でヤンゴンを封鎖

2020-10-01

ヤンゴン地域の400万人以上が、「在宅命令」準備のために時間が24時間以内で与えられた。

ミャンマー最大都市であるヤンゴンでは、11月の選挙のわずか数週間前に、新規感染者数の過去最高値が報告された後、在宅命令が発効された。

この地域の400万人を超える人々は、在宅命令の準備に24時間も与えられず、月曜日の午前8時(グリニッジ標準時01:30)に発効された。

ほとんどの民間部門の従業員は自宅で仕事をする必要があり、公務員は、自宅で2週間、オフィスで2週間のローテーションで作業する必要がある。学校は以前の封鎖措置の下からすでに閉鎖されていた。

保健省のU Myint Htwe大臣は、旅行やすでに病気にかかっていることがわかっている人との接触によって引き起こされたのではない局所感染の症例が増加したため、これらの措置が必要であると述べた。

新しい規則の下では、人々は食べ物を買うか医者を訪ねる必要がない限り家にいなければならない。 外出する人は誰でもフェイスマスクを着用する必要があり、各家族の1人だけが必需品の買い物に行くことができる。ヤンゴン地域外に出域することは禁止されている。

自宅で仕事ができない人や非公式の仕事ができない人にどのような支援が提供されるかは明確ではない。

当局によると、銀行、ガソリンスタンド、飲食店などの重要なサービスは引き続き運営されるという。

保健省は日曜日に671件の新しいコロナウイルス感染を記録したと述べたが、どこで起こっているかは明らかにしなかった。ミャンマーは、紛争に見舞われた西部のラカイン州で突然コロナウイルスが再発するまで、数週間にわたって局所感染の症例を記録しなかった。最近の症例のほとんどはヤンゴンで起こっている。

ミャンマーはこれまでに合計5,541件の新型コロナウイルス感染症の症例と92人の死亡を報告している。

参考記事: https://www.aljazeera.com/news/2020/9/21/myanmar-locks-down-yangon-region-after-record-jump-in-covid-cases

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top