日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:日本は、ターニンダーイー地域開発のマスタープランの策定に貢献
2017-09-27

MM_myanpress_20170927ターニンダーイ―地方政府は、9月8日にレレモーのターニンダーイ―地域首席副大臣が日本の助けを借りてマスター開発計画を作成したと発表した、と2017年9月12日付のイレブン新聞は述べた。マスタープランは、海洋、教育、鉱業の分野を優先する。現在彼らはターニンダーイ―地域の発展のためのマスタープランを起草している。マスタープランは主にメイット地域に重点を置いている。この地域には貴重な魚資源と鉱業がある。 彼女は付け加えた。この地域への外国投資は依然として弱い。外国人投資家は依然として状況を監視しているため、政府はその地域への投資が利益を上げることができるように努力している。日本の専門家や起業家は、メイット諸島や他の島々の牡蠣、貝類、軟体動物、その他の貝類に関する研究を行った。

ミャンマー語通訳:ニン

Top