日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:ミャンマーはインドの豆類輸入制限に対する10点の回答を採択
2017-09-20

0920_myan8月29日付のイレブン新聞によると、ミャンマーはインドの豆類輸入制限の問題に対処するため、10点の計画を策定した、と商務省は発表した。この点の中には、関連省庁の関係者との豆輸出調整委員会の設置が含まれる。 ミャンマーの豆とエンドウ豆を輸出するため、民間団体と栽培業者はインドと交渉中である。 二国間協定の交渉である。 政府、民間団体、栽培業者の協力を得て、地元の市場安定を確保するための支援を提供する。
政府省庁、貿易業者、輸出業者、専門家を含めたステークホルダー間の会合後、問題に取り組むための他の措置が講じられる。 ミャンマーの豆とエンドウ豆の輸出に関する輸入国の貿易政策の変化について、タイムリーな情報をリリースする。 政府と民間部門の協力による新たな貿易相手国の模索などが含まれる。ミャンマーには、約10万トンのキマメと約30万トンの緑豆が備蓄されている。商務省はインド政府に対し、残りの株式を買い続けるよう求めている。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top